株式会社セシオ

あなたの街のご用聞き

0120398154

ウイルス対策商品などセシオオンラインから注文できます!詳しくは0120-39-8154まで!

床の維持管理

床材によってメンテナンス方法は様々です。床材に合わせた維持管理方法をご提案します。

1.
床材

床材は、化学系や石材、カーペットなどがあります。
床材によってメンテナンス方法は様々で、材質に合わない施工を行うと床材を痛めたり偏食の恐れがあります。床材のクリーニングやお困りごとなどお気軽にお問い合わせください。

2.
化学系床材(P タイル、塩ビシート)

フロアタイルとは、塩化ビニル樹脂など、硬質素材を使ったプラスチック系の床材で一般的に「塩ビタイル」とも言われています。
サイズは製品によって違っていますが正方形や長方形のタイル状になっています。
表面は堅くて丈夫なので耐久性に優れており、土足にも対応している為「店舗や事務所」「水廻りなど」に最適です。カッターを使えば簡単にカットできるものもあるので施工も楽な素材として注目されています。
また接着剤不要の「置き敷きタイプ」の商品も人気が高くなっています。

一般的なメンテナンス方法はポリッシャーとアルカリ洗剤による洗浄、乾燥後のワックス塗布による維持管理になります。
皮膜の劣化度合いに応じて定期的にワックスの剥離作業を入れる必要があります。

化学系床材(P タイル、塩ビシート)
3.
セラミックタイル

セラミックタイルは、材料となる天然の石材や粘土を事前焼結させ、これを微粉末に粉砕し練り上げ、4000トン近い高圧プレス機で成型し、更に1300 度近い高熱で焼き上げられるものです。
グレードの高い商品は、更に研磨作業を行い、光沢を上げます。吸水率は低く、非常に光沢があり、傷も付きにくいので、メンテナンスの容易な床剤として大変重宝がられています。
ところが、セラミックタイルの磨きタイプは美観も滑らかで穴があいているように見えませんが、実際は超微細な隙間(細孔又はポーラス)を形成しています。
通常の汚れは超微細な隙間に入り難いと言われていますが入るものは入ります。吸収された汚れは、ミクロレベルの隙間の縦横あらゆる所に滞留します。
一定量を超えると目につくようになり、洗っても落ち難い汚れとなります。
定期メンテナンス方法としてはアルカリ洗浄剤とメラミンスポンジを使ってポーラスの中に入り込んだ汚れをかきだします。
また、水気が入ると非常に滑りやすくなるので、表面を酸性の薬剤で荒らして摩擦係数をあげる防滑加工をすることもあります。

セラミックタイル
4.
リノリウム

リノリウムは亜麻仁油、木粉、麻などの天然素材からつくられる床材の一種です。
約150 年前から親しまれている天然素材を原材料にした床材です。世界中の医療施設や教育施設、公共施設などで幅広く使用されています。
環境に配慮した製品が浸透してきている今、原料・製造・使用・廃棄に至る全ての段階において環境や人に対する負荷の少ないリノリウムが改めて注目されています。
天然素材を使用しているため、pH 変化などに非常に弱くなっています。
よってアルカリ性の床維持剤や剥離剤を使用すると黄変することがあり、一度黄変すると回復は非常に困難です。
そのため、清掃・維持には中性のものを使用します。
また、表面の油膜が剥がれると浸透性が格段に上がるため、その後の床維持剤の乗りが悪くなることもあります。
よって、定期作業などの際は硬いパッドは避けた方が良いでしょう。

リノリウム
5.
大理石

大理石というは、中国雲南省の大理という都市で大理石が産出されたことにちなんで名づけられているようです。
大理石は、石灰岩がマグマの熱で温度変化した変成岩の一種です。
炭酸カルシウムが主成分ですが、酸化鉄、粘土などの副成分が含まれている場合が多く、これらが様々な大理石の色調や模様を形成しています。
大理石は、古くは古代ギリシャのパルテノン神殿などの歴史的建造物や彫刻をはじめ、イタリアルネサンス期の芸術的調度品にも数多く使われています。
大理石の大きな特徴の1 つとして加工性の良さが挙げられます。大理石には適度な柔らかさと粘度があるため、装飾や彫刻などにおける色々な形作りに非常に適しています。
また、研磨することですばらしいつやがでます。建築物の内装などで大理石を使うことにより、他の素材にはない独特の高級感を醸し出すことができます。
しかしその反面、大理石は酸性雨などに対する耐候性がなく、長期間、雨風にさらされるような場所に大理石を使用すると、すぐに光沢を失ってしまいます。
屋外に大理石を使用する場合は、コーティング剤で保護するなど、必ず何らかの措置を施す必要があります。

大理石
6.
御影石

御影石とは、花崗岩(かこうがん)や閃緑岩(せんりょくがん)、ハンレイ岩などと呼ばれている石種の総称です。
御影石という名称は、かつて神戸市東灘区御影で数多くの花崗岩が産出したことにちなみ、御影石と名付けられたと言われています。
御影石は地底の深くでマグマが冷え、地殻変動により持ち上げられて、地表に露出した岩石です。
石英、長石、斜長石などが主成分で、有色鉱物の量により様々な色調が形成されます。強固で、見た目が美しく耐久性があるため、建物の内外装を問わず、様々な場所で使用されています。
御影石は国内においても、古来より城の石垣や石橋、寺院などあらゆる建築素材として数多く利用されてきました。
御影石は長石の色と量によって色々な色調を形成しています。主に白、黒、グレーが主流ですが、中には緑色、黄色、茶色系などの色の石種もあります。
耐久性に長け、多彩な表面仕上げが可能なので、屋内外を問わず、床材・壁等の色々な用途に使用されています。
700 年たって初めて風化が始まるといわれるほど、優れた耐久性を持っています。しかし、粘り気がなく、硬い材質なので、加工に手間や費用がかかるといったデメリットもあります。研磨すると美しく、大理石とはまた違った重厚感を醸し出します。

御影石
7.
石材の仕上げ

石材の仕上げは大きく分けると「鏡面仕上げ」(画像左)と「バーナー仕上げ」(画像右)の二つに分かれます。
鏡面仕上げとは、表面が鏡のように光沢がある仕上げのことです。床材使用の場合、だんだん光沢が落ちてきますが、ダイヤモンドパッドで研磨することで再生可能です。
バーナー仕上げとは、ダイヤモンドソーと呼ばれる切削機で切り出した石材の表面を強い火で焼き、石材の造石結晶群を独特の味わいある肌合いに仕上げた表面仕上げ。
しかし、厚さ30mm 以下の薄板ではバーナー仕上げは不可能とされています。

石材の仕上げ
8.
カーペット

カーペットに使用される素材には大別して、天然繊維と化学繊維があります。
天然繊維には、綿、麻などの植物繊維と、毛(ウール)、絹(コットン)、などの動物繊維が一般的に多く使われていますが、これに対し、石油、石炭、天然ガスなどから化学的につくられたのが合成繊維です。
合成繊維にはナイロン、ポリエステル、アクリルなど多くの種類があります。
形状としては長い巻物と正方形のピースに分割されているタイル状のもの(タイルカーペット)になります。
タイルカーペットは部分貼替えが可能です。
メンテナンス方法としては基本はバキューム(掃除機掛け)です。定期的に中性洗剤での洗浄を行います。油溶性の汚れの場合は、ベンジン等の溶剤を使ってシミ取りをします。

カーペット
9.
インターロッキング/テラコッタ
インターロッキング

インターロッキングブロック舗装は、独特の幾何形状に製造された舗装用コンクリートブロックを路盤またはアスファルト舗装基盤上に敷設し、ブロックの種類,形状,寸法,敷設パタ-ン,色調および表面テクスチャーを選ぶことにより,耐久性,安全性,快適性および景観性に優れた舗装です。
また,近年においては,保水性,透水性,緑化性など環境にも配慮したブロック舗装も行われています。

テラコッタタイル

テラコッタタイルのテラコッタ (terra cotta) とはイタリア語の「焼いた (cotta) 土(terra)」に由来します。
自然の土を焼いただけのタイルで、焼成温度や湿度によってできあがりの色調が変化し、素朴な素焼きの風合いが特徴です。
水を吸いやすく汚れやすいため、仕上げにシーラー剤やワックスを塗って仕上げることが多いです。

近年ではテラコッタタイルの汚れやすい、傷がつきやすいなどの欠点を補うため、テラコッタタイルの風合いや色調を表現しつつ、焼成方法や表面に施釉するなどの対策を施して製造されています。
どちらも多孔質で汚れが浸透しやすいため、洗浄してもなかなかキレイになりにくいですが、セシオでは高温高圧洗浄と同時に汚水をバキュームするスチームイノベンチャー施工でキレイな状態に復元します。

インターロッキング/テラコッタ
詳しいお問い合わせは:0120-39-8154
  • このエントリーをはてなブックマークに追加