株式会社セシオ

あなたの街のご用聞き

0120398154

ウイルス対策商品などセシオオンラインから注文できます!詳しくは0120-39-8154まで!

防鼠対策

ねずみは習性によりいろいろなものをかじります。食中毒や伝染病に原因を運んだり、建物の壁や電化製品のコードなどもかじるため早期対策が必要です。

1.
鼠-ネズミ-
名前の由来

ねずみの名前は、ねずみのほとんどが夜行性で、人間が寝ている間に食料を食べることから寝盗み(寝ている間に食料を盗む)が転じてねずみという名前になったと言われています。

被害を与えるネズミの種類

ネズミの仲間の多くは野外で生息していますが、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3 種類は住家性のネズミは人に害を及ぼす可能性のあるネズミです。

2.
生態・習性

ねずみの前歯は一生伸び続けるため、常に何か硬いものをかじって前歯をすり減らす習性があります。
もし硬いものをかじらないまま放置しておくと、伸びた前歯が口をふさぐような形になり食べ物が口に入らなくなってしまい餓死してしまいます。

3.
被害を及ぼすネズミの種類
ドブネズミ

ドブネズミは、体長は18cm~30cm程度の大きさで、尻尾のまで含めるとなんと50cm以上の個体もあるそうです。
体系が全体的に丸く、腰周りはかなりがしっかりとし、目は小さく、鼻先は丸め、尻尾もやや短めな特徴を持っています。
色は黄色がかったネズミ色ですが色ですが環境によっては変化することもあるそうです。
ドブネズミは、寒さに強く、雑食性が著しく、肉などの動物性のものを好んで食べます。
世界中に分布し、水辺を好み泳ぎが得意なネズミで、下水道などを利用して横に移動し、ビル内では排水口を通ってダクト配管の隙間を通路や巣とし
て繁殖します。また、とても凶暴で地階や1F が中心に活動するので噛まれたりしないように注意も必要です。

クマネズミ

クマネズミは、体長は15cm~22cm程度の大きさで、ドブネズミに比べると少しだけ小柄です。耳が大きく、目はつぶらで大きいのが特徴で茶又は灰色のネズミです。
世界中に分布し、自然界では樹上に生活していたが民家の天井裏に住むようになった。パイプや電線を渡るなど垂直移動が可能で、果物や野菜などの植物性ものを好んで食べますが、ゴキブリなどを捕まえて食べていることもあります。
警戒心が強いためなかなか防除出来ません。

ハツカネズミ

ハツカネズミは、体長は5cm~10cm程度の小柄で、顔に愛嬌もあり、一般的なネズミのイメージでハムスターなどに近いです。
色は様々で、黒、茶色、ねずみ色、自然の環境下においては茶色のものが割合多く見られるそうです。
また、実験用のマウスはこのハツカネズミの白変種を人工的に繁殖したものが有名です。
乾燥に対する耐性はとても強く、水のない環境でも長期間生存が可能です。
夏には野外で生活し、冬に屋内に侵入することが多く穀物やナッツ類などを好んで食べます。

4.
被害
衛生的被害

食中毒(サルモネラ菌)、伝染病(ペスト)を運ぶ役目となっています。

停電・火災被害

固い電線コードも噛んでしまいます。漏電による火災は泥棒と違って、すべてを無にします。

騒音被害

夜間に天井裏などを走ります。

食害

ねずみの被害で一番多いのが食品の被害です。
実際に食害があったものよりも、袋がかじられたため穴が開き、衛生上その食品を捨てなければならないというケースが多いからです。

5.
環境面からの防鼠対策

ネズミに対する環境対策は大きく分けて2つあります。
1.餌を与えいない。
2.建物を防鼠構造にする。

環境対策のポイント - 環境対策3原則 -
① エサなし
② 道なし
③ ねぐらなし

環境面からの防鼠対策
6.
ラットール(粘着シート)

薬剤を使用せず、強力な粘着板によって、ねずみを捕獲するねずみ捕りです。
薬剤を使用していませんので、毒性がなく、安心して使用できます。ネズミの通り道にセットします。(34.5×22 ㎝ 3 枚入)

ラットール(粘着シート)
詳しいお問い合わせは:0120-39-8154
  • このエントリーをはてなブックマークに追加